ほほのたるみ解消 ほうれい線を消す方法

ほほのたるみ解消の方法を教えます

最近は若い人でも頬のたるみを気にしている人が多いようです。
頬のたるみは加齢だけが原因ではないようです。


意外に思われるかもしれませんが、頬のたるみは20代後半から始まっているのです。
そのことを意識して早めのケアをすることで、たるみを防ぐことは十分可能です。ある日突然「私の頬、たるんできている!」と鏡を見て気が付くことがあるようですが、


早く気がつけば気が付くほど、40代でも30代の肌に、
30代なら20代のような肌になることもできると思ってください。



ですから、頬の位置をいつも意識していることが大切なんです。
若い人の頬のたるみの原因のひとつに間違ったスキンケアというのも挙げられます。
他には表情筋をうまく使えなかったり、紫外線対策をしっかりしていなかったりといった普段の生活の中で十分防げることを怠っていると、結局たるみは早めにきてしまうようです。




そんな頬のたるみを防ぐために、日々のケアでできることを紹介します。
頬の筋肉を引き締めるためには、ストレッチが有効です。


割り箸を口にくわえたまま、頬を意識して口の両サイドだけをゆっくり上げます。にっこり笑うようにすることで、頬骨筋をしっかり鍛えることができます。普段このあたりの筋肉を使っていない人は、このストレッチをするだけで筋肉痛になるようです。それほど効いているということなので、毎日継続してみてください。



その他、冷水で洗顔することで、頬の引き締まりを実感することができます。メイクオフはぬるま湯で、仕上げ洗顔は是非冷水でやってみてください。温冷の差が引き締め効果をアップしてくれます。